あなたのしみはどんなしみ?

MENU

あなたのしみはどんなしみ?

まず、しみとよばれるもので最も多いのが、「老人性色素斑」

 

名前からしてなんだかふけこんでしまいそうなこのしみは、
日焼けなどを重ねたお肌に約数ミリから1センチ前後の丸っこい形をしています。
はじめはうっすらと見える程度でケアをしていないと色が徐々に濃くなっていくタイプです。
日に当たりやすい頬骨の高い位置からでき始めます。

 

つぎにそばかす。
そばかすは多くが10代でできています。
お鼻を中心に小さなシミが散らばっているもので、
形はその名の通り、そばがらをくだいたような三角や四角をしています。

 

そばかすが出来やすいのは色白の人です。
欧米人の特に白人にそばかすが多いのがわかりますね。
そばかすは遺伝的な要素が強いのであまり化粧品で効果がないことが多いです。
消えたように見えてもまたあらわれるし、紫外線予防をしないと増えてくる可能性があります。

 

他には、女性ホルモンの乱れが原因で起こるのが肝斑。
これはさきほどの老人性のしみとおなじように頬骨に左右対称に扇のようにあらわれるものです。
またニキビあとや炎症を繰り返したお肌にできる色素沈着というしみもあります。

 

総合して言えることは、輪郭がはっきりできているしみは正直いって化粧品でそれを解消することは少し困難です。
だからといって何もしないと、しみの色を濃くしたり増やしたりしてしまうのです。

 

というわけで、毎日気長にそして丁寧に、しみそばかすのお手入れを始めてみませんか?

 

 

 

 

シミ 美白化粧品ランキング